スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄列伝02

昨年12月の雑記≪蛇井ピカデリー≫で少々ふれました戦闘機シミュレーションゲーム

「蒼の英雄 Birds of Steel」ですが、飽き性の僕にも関わらず、

いまだにプレイし続けております。

このゲームでもって人生初の多人数オンラインモードというものを体験した訳なのですが、

最初はおっかなびっくりでフラフラと飛行しておりました。

と申しますのも敵機、味方の機銃が実物さながらで、インベーダーゲームの弾のように

≪目で見て避ける≫というシロモノではないゆえに、ヘタすりゃ味方を撃ち墜としてしまう

可能性もあるのです。

戦闘によって傷ついた機体はゲームを進める事によって得られるポイントで修復しなければ

いけない為、他のプレイヤーに迷惑はかけられません。

しかし慣れというのは凄いですね。

今では敵機、味方いり混じる中に遠方からガンガン撃ち込んでおります。






これまた昨年の雑記なのですが≪英雄列伝≫という記事を書きました。

『僕が強く憧れていた方々を数回に分けてご紹介します』などと申しておきながら、今まで

すっかり忘却。

という訳で今回は前述の飛行機に関するこの方です↓










aswqe_convert_20130131223931.jpg
1947年、アメリカ軍のXS-1という飛行機で世界で初めて音速を超えた

チャック・イェーガーというパイロットです。

なぜか僕は≪人類初の偉業を成し遂げた者!≫に強く憧れてしまう傾向があるのです。

今までどこの誰が何年、何回挑んでも失敗したり命を落としたりしているにも関わらず挑戦し

続け、さらには成功させてしまうのですから本当に尊敬します。

(はたして人間に出来る事なのか?) そのうちこう考えて当然だと思うんです。

僕なら絶対やめてます。







チャック・イェーガーが登場する『ライトスタッフ』という映画で音速を突破するシーンが

再現されております。

チャックが搭乗するこの≪音速を超える≫という目的のみで作られたXS-1が、飛行中の

母機から 切り離され加速を始めます。

速度が上がるにつれて機体は激しい振動に見舞われますが、チャックは加速を続けます。

さらなる振動! 機内に設置された計器のパネルが割れる程の衝撃に襲われながらも彼は

加速の手を緩める事はしないのです。

まだ加速! さらに加速!!

やがて、そこからはもうチャックが操縦する機は確認できませんが、地上でその挑戦を

見守る関係者達のもとに轟音が響き渡ります。

その時誰もが(またもや失敗…)と思った事でしょう、しかしその音の正体は爆発音ではなく

音速を超えた時に発生する衝撃波(ソニックブーム)だったのです。

いや、探せばあるモノですね↓


後にチャック・イェーガー氏は、旧ソビエトが保持していた、飛行機による高度記録を打ち破る

為に内緒(?)で飛び出し、ほとんど『宇宙空間か!?』と思うような所まで上昇して戦闘機を

1機オシャカにしております。

いやホント、ムチャする人です。







≪破天荒≫ 僕は知らなかったのですが ≪破天荒=ムチャな事をする人≫

ではなく、本来の意味はこのチャック・イェーガーのように前人未到の偉業を成し遂げる、と

いう意味なのだそうですね。 予定していた文章が進めにくくなりました(^-^;) 

あえてココは≪破天荒=セオリー無視のムチャな人≫でいかせてもらいます↓





先程のチャック・イェーガーが音速を突破した時のシーンに少々関連する事なのですが、

とあるバイク漫画の主人公に『コーナーに突っ込み過ぎた時にビビる奴はコケるんだ』と

いうセリフがあります。

岡本太郎氏も人生の岐路において『安全な道と危険な道があるなら危険な道を選べ!』と

仰っていますし、あの万年最下位だった阪神タイガースを優勝に導いた星野仙一氏にも

『迷った時は前に出ろ』という著書があります。

精神的、肉体的を問わず、我が身を守ろうとした言動が最悪の結果を招いた!なんて事は

誰もが何度か経験されているのではないでしょうか。

皆様の中にも様々な趣味をもっておられる方も多いと思います。

それらは真剣に取り組めば取り組む程、越えられそうにない壁が次から次へと現れます。

≪頭打ち≫は辛く苦しい時期ではありますが、やはりそれくらいの障害がなければ

張り合いがありませんよね。

基本の反復をないがしろにする訳ではありませんが、時にはチャック・イェーガーのように

さらに加速!も1つの手段かと思います。






しかしながら以前の≪英雄列伝01≫でご紹介しましたGPライダーのケビン・シュワンツも

そうですが、音楽や芸術、スポーツの世界など様々な分野で≪破天荒≫と称される方は

大勢 いますが、間違ってはいけないのは周囲が『破天荒』と言っているだけで、彼らは

そのスタイルが普通なのです。 別にムチャだと思っていないのです。

そっくりそのままマネして精神的、肉体的に大怪我しないようにお互い気をつけましょう。
スポンサーサイト

未来は僕らの手の中

少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願いします!!    最近ではあまり耳にしませんが、昔から

≪一年の計は元旦にあり ≫といわれております。

もう皆さまは「今年の目標!」なぞ立てられましたでしょうか?

欲しかった物を手に入れる等々、物質的欲求が満たされた瞬間というのも実に嬉しいもの

ですが、自身のスキルアップ、つまり≪なれたい自分になれた!≫時というのは

満足感ランキングの中でもトップクラスだと僕は思います。

賛同していただける方にはこの本がお役に立つかも知れません↓









ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る


少し前にちょいと話題になった書籍らしいですのでご存じの方も多いかも知れませんね。

いわゆる≪引き寄せの法則≫というヤツです。

僕はあまり啓発的な本には興味が無かったのですが、昨年たまたま機会がありましたので

読んでみました。

この本に書かれていること全てに同意する訳ではありませんが、参考になった所をいくつか

ご紹介したいと思います。









先ほど申しましたように、大なり小なり誰もが欲しい物や『ああなりたい、こうなりたい』と

いう夢や願望を持っていると思います。

そんな野望をどうやって現実のものとするか、その方法はいたって簡単、その事柄を

強く願う!コレだけです。

そしてここからが重要なのですが、そう「決めた」なら次は

そのように振る舞うのです。

つまり、欲しい物があるとするならあたかもソレを受け取ったかのように、なりたい理想が

あるのなら、すでに自分がそうなったかのように振る舞いイメージするのです。

この本いわく、人がイメージしたものを≪引き寄せの法則≫は用意せざるを得ないのだ

そうです。

今は手元にこの本がありませんので確認は出来ませんが、これが「宇宙の法則」とも

書いていたような気がします。

時の支配者、および巨万の富を得た成功者達は当たり前の様にこの法則を利用していた

そうです。






少々オカルトチックですが、宇宙の法則とやらはともかく、僕は基本的にはこの考え方に

賛成です。

とある競技で高名な方が『良いイメージを思い浮かべる事が出来ない者は、いくら練習しても

上手くならない』と仰っていましたし、僕が昔お世話になったピアノの先生も

『出したい音というものは自分が思わなければ絶対に出ない』と言っておりました。

これは何事においてもそうだと思います。

『じゃあ空を飛びたいと思ったら飛べるように
なんのか?』


必ずいます。

半ズボンで鼻水たらして渦巻き模様の飴もったような事を言う輩は必ずいます。

肝心な事を書き忘れておりましたが、この法則は自分がどこまで信じ切る事が出来るかに

かかっているようです。

本気で空を飛べると思っているならば、それも良いでしょう。

しかし、生身の人間が何の動力にも頼らずスーパーマンの如き空を飛ぶという事を100%

に近い純度で信じれる人間は現代社会で生きていく事は不可能なはずです。

≪夢≫といえど、身の丈にあった具体的かつリアルなものでなくてはなりません。

いかがでしたでしょうか、この≪引き寄せの法則≫に興味を持たれた方は就寝時にでも

カッコエエ自分を想像しながら眠りにつく事を日課にされると良いかも知れません。

(どうせ自分は何をやってもダメ…) 常々こう思っているよりかは遥に

健康的ですね。








実験です。  

このような方法を知った以上、やはり我が身をもってその効果を体感したくなるものです。

さて、僕の望むモノ、それは、

金(Money!)です。

ええ!低俗ですとも!!

企業という悪魔は次から次へと魅力的な製品を世に送り出してきます。

お金さえあれば、もう家電量販店や楽器屋さんで『ビルマの竪琴』のように両手で顔を

覆って小走りにExitへ向かう、なんて事もなくなるのです。

僕はイメージしました。

そのイメージをさらに濃厚なモノとする為にPCの壁紙を数億の札束画像に変更しました。

これならば毎日自然なカタチでお金を意識できますね。

数日間続けました、が、いかんせん僕は10万円程度の買い物でもガクブルするような

小物なのです。

よって画像を数億から100万円の画像にチェンジしました。

探せばあるモノですね、100万円画像。

大金=100万円! 典型的な小物思想ではありますが、イキナリ数億よりかは遥かに

イメージしやすく現実的であります。

さぁウチューちゃんよ! 俺に現金で100万円用意してもらおうやんけッ!!

そんなある日、夢をみました。(※少々閲覧注意↓)


 






舞台背景は収穫を終えた田んぼで、僕はあぜ道のような所に友人達(?)と立っています。

あぜ道から1段下がった田んぼにいる農家のおじさんから僕は重箱程度の白木の箱を

受け取ります。

サラリと書きますが、箱の中身はウ〇コです。  肥溜めのウ〇コなのです。

なんでもその地では、この肥溜めの中身を使った郷土料理が名物らしく、そのウ〇コを

惜しげもなく盛り込んだ鍋料理を嬉しそうにおじさんは僕達にふるまうのです。

例えるなら具沢山の味噌汁、という感じでしょうか。

もちろん嫌です。 嫌なのですが、そこはさすがに≪夢≫です、

(あんまりこういうのはちょっとなぁ…)程度の嫌なのです。

渋々、といった感じで食べていると、

『アンタ、いらんのやったらもう置いとき!』という、何故かオカンの声で

目が覚めました。

起きた時の不快感は半端ではありませんでした。

まるで、自分に合わない不味いタバコを連続20本吸った時の様な胸の悪さなのです。

便器に顔をうずめて吐くマネをしたらマジで吐いてしまいそうなくらいです。

まだ夜明け前ですので再度寝ようと思うのですが、眠れるような状態ではありません。

この吐き気を払拭するために僕は起き上がり、PCの電源を入れて夢診断のサイトを

開きました。

ご存じの方もおられると思いますが、夢の中での≪死ぬ≫ ≪失う≫等の、いわゆる

イヤな系の夢はえてして吉夢の場合が多いのです。

すると何という事でしょう、この≪ウ〇コを食べる夢≫というのは超がつく程の

大吉夢らしいのです!

しかも≪金運に恵まれる≫との事! オマケにこの日はオータムジャンボ宝くじ当せん番号

発表の日!! こんな事ってあるのでしょうか?

『…きたか…』 声に出してマジで呟いてしまいました。

明かりの消えた部屋でPCモニターの光に照らされているショートホープをくわえたこの時の

僕の横顔はいつにも増して男前だった事でしょう。

結果はハズレです。

どうやら思い込むチカラが足りなかったようですね。

この本によりますと、常に≪感謝の気持ち≫も大切だそうです。

ゴメンなウチュー、態度デカかったよ。

皆さま、今年も夢に向かってお互い頑張りましょう!!

2012纏

2012年も残すところあと4日となりました。

今年こそは未読、未鑑賞のまま積み上げられた書籍や映画を少しでも片付けようと

意気込んでおりましたが、その数はいっこうに減りません。

年頭に掲げた≪今年の目標≫とやらも達成率はほぼゼロ。

(…もう少し時間があれば…)

僕だけに限らず、こう願われている方も多いのではないでしょうか?

そんなアナタにはコチラです↓









≪時間の使い方がもっとも下手な者が
まずその短さを嘆く≫


17世紀フランスの作家さんの言葉なんですって。

ごもっともでございます。

あまりにごもっともゆえ『うるさいんじゃッ!』と逆ギレしてしまうくらい

ごもっともです。

僕が編み出した疲労回復法である≪ちょっとだけヨコになろう≫を駆使し、照明とPCが

つけっ放しのまま午前3時頃に目覚める、なんて事が何日あった事でしょうか。

それから入浴するものですから、なかなか寝つけず

(もうええわ、仕事行くまで起きてよう)と覚悟を決めるものの、出勤

10分前くらいに睡魔に襲われ寝不足のまま就労。

マジでこんな日が多いです。

いや、これは時間の使い方以前の問題ですね。 改めねばなりません。







今年もコメント、ご訪問ありがとうございました!

急激に冷え込んだり、タチの悪いウイルスも蔓延しているようですので

くれぐれもご注意くださいませ。

それでは皆様、よいお年を!!

(※来年は1月15日に更新いたします)

BOOK 33

先日、本棚近辺を整理しておりましたらこのような漫画を見つけました↓









CIMG1026_convert_20121215035716.jpg

難題に挑まれた方々のドキュメント、いうなれば「プロジェクトX」の漫画版、といった

ところでしょうか。

僕はこのシリーズが好きでほとんどの作品を買い集めていましたが、特にこの物語には

感動いたしました。

盲導犬のお話です。







昭和23年、この物語の主人公である塩屋賢一さん(27)は≪犬の訓練士≫という、当時では

斬新な仕事を始められ生計をたてております。

飼い主にかわって(座れ)(伏せ)(来い)等の基本動作を教え込む、といったものなのですが、

当時は誰もが食うや食わずの時代です。 

そのようなご時勢に犬を飼える余裕があるのは一部の金持ちに限られます。

自身の仕事はそのような成金連中に満足感を与えているだけの空しいものかもしれない、と

塩屋さんは葛藤されます。




ある日の事、塩屋さんはとある誌面で盲導犬という存在を知ります。

昭和20年代、先ほども申しましたとおり誰もが貧しく、戦争での負傷や栄養失調などで

目の不自由な方が大勢おられた時代です。

一部の金持ちの見栄を満たすだけではなく、以前から

『たくさんの人の役に立つ仕事がしたい!』と考えていた塩屋さんは

日本では初の盲導犬育成という仕事に挑みます。





塩屋さんは手始めに、ご自身の愛犬アスター(シェパード)で試されます。

アスターは生粋の犬好きである塩屋さんが数年前に全財産をはたいて買った犬で、

シェパードの訓練競技で日本一になったほどの優れた犬なのです。

そんな利口なアスターなら立派な盲導犬になるであろうと考えた塩谷さんは自らに

目隠しをされアスターと町にくり出します。

が、当然そう簡単にはいきません、塩屋さんは全身傷だらけになります。

正しい盲導犬の育成法を知るために盲導犬に関する海外の書籍を辞書を片手に調べ

上げるのですが育成法などはどこにも書かれておらず、塩谷さんは独自の工夫と方法

でもって日本初の盲導犬第一号を育てる決心をされるのです。






そんな暗中模索のある日、塩屋さんは知人から河相さんという目の不自由な方を

紹介されます。

河相さんも≪盲導犬≫という存在をご存じで、今まで何度も各方面にご自身の愛犬である

シェパードのチャンピイを盲導犬に、と依頼してまわったのですが、そのたびに

『そんなものは無理』と断わられ続けたそうです。

塩屋さんはチャンピイを預かり、本格的な盲導犬育成を開始するのです。






前述の座れ、伏せなどの基本訓練に加え、意図的に作った障害物だらけのコースを

飼い主と共に歩行する誘導訓練、そして現在では珍しい事ではありませんが、人間との

絆をさらに深めるためにと室内で犬と生活をする、という当時では考えられないような

方法まで塩屋さんは試されます。

長期にわたる訓練の末、こうしてチャンピイは盲導犬として世に送り出せるまでに

成長するのです。






僕は簡単に書き綴ってしまいましたが、これには指導する人間、訓練犬ともに相当な努力と

忍耐が必要なはずです。

現在と違って当時はデコボコ道だらけだったでしょうし、車の通行マナーも野蛮なもの

だったことでしょう。

作中でも描かれておりましたが、犬には通れる高さでも人間では頭をぶつけてしまう看板

等が街には多く点在するのです。

盲導犬は主人を守る為にそのような地面、頭上の障害物直前で立ち止まらなくては

ならないのです。






盲導犬となったチャンピイを河相さんの元へ帰してから数ヵ月後、塩屋さんは

最後のテストを行うために河相さんとチャンピイの住む地へと向かいます。

最後のテスト、皆様はどのようなモノを想像されますでしょうか。

≪人工的に作り上げた超難度コースでのタイムトライアル≫ こう考えられたかたも

おられるかと思います。 僕はそう思いました。

違います、素通りです。

つまりはこうです、仕事中の盲導犬は主人に服従が絶対条件なのです。

つまり、一年間文字通り寝食を共にしてきた塩屋さんを見て注意をそがれるようでは盲導犬

失格なのです。

これは難しそうです。 これなら先ほど申しました難度コースのほうがはるかに

簡単そうです。

バカにする訳ではありませんが、懐かしい顔にむかって一目散に駆け出すほうが犬らしい

行動のような気がします。

事前に聞き出していた河相さんとチャンピイの散歩コースで待ち伏せる塩屋さんに対して

チャンピイはどの様な振る舞いを見せるのでしょうか?








20121215014829.jpg
素通りです。 盲導犬として立派に育ったチャンピイに喜ぶ反面、その表情から何かしら

塩屋さんに思うところがあるようです。 しかし続きます。








convert_20121215014945.jpg

犬や猫と生活をしている方からよく聞かされる事なのですが、時として人間の感情や

言葉を理解しているとしか思えない、といったようなしぐさや行動をとる時があるのだそう

ですね。

ならばその逆で人間が犬や猫の感情を理解できても不思議ではありません。

このとき塩屋さんが感じられた事は絶対に間違っていないと僕は確信しております。






以前雑誌で読んだ記事なのですが、とある大道芸人さんが今まで誰も思いつかなかった

ようなとんでもない技のアイデアが浮かんだそうです。

アイデア段階のその技を実現する為に来る日も来る日も猛練習したらしいのですが

一度も成功しません。

(はたして人間に出来るのか…?) その内こう思うようになったそうです。

すでに存在する技術ならば、それを真似して試行錯誤すれば良いのですが、≪前人未到≫

ですとそうはいきません。 徐々に初期の決意が薄れて当然かと思います。

冒頭で例としてあげた「プロジェクトX」もそうですが、この日本初の盲導犬第一号を

育成された塩屋さんに共通するのは決してあきらめないという事です。

よく聞く言葉ですよね、『決してあきらめない』

その言葉を聞くだびに僕は≪天才の謙遜≫と思ってしまうようなヤツだったのですが、

何度も何度もこの様な物語にふれていると、前人未到の偉業を成し遂げる条件とは単純に

本当にシンプルにただそれだけなのかもしれないと思えてきます。

いや、きっとそうなのでしょう。   僕がお酒の飲み方を教わった先輩も口癖のように

『勝つまでやめへんかったら負けへんねん』と申しておりました。

いきなり言葉の迫力がカクンと落ちてしまいましたが、同じような意味合いの事を言って

いたのでしょう。

12月も中旬、いやがおうにも1年の総括を迫られる時期となりました。

僕にも毎日精進している事柄がありますので日々成長、日々前進をモットーとして

おりますが365日を通して負けた日のほうが圧倒的に多いです。

いや、胸を張って『勝った!』と言える日があったのかさえアヤシイものです。

僕も理想を実現する為にも先人にならって、たとえ失敗だらけの日々を過ごそうとも決して

あきらめない信念だけは持ち続けなくてはなりません。




(28日に今年最後の更新をさせて頂きます)

蛇井ピカデリー

≪高級車≫及び、趣味や仕事で使う道具の≪ハイエンドモデル≫この二つに興味を

しめさない者を僕はとは呼びません。

イキナリ非礼な断言から入りましたが、もう僕もその様な事を申しても許される年代かと

思います。 (※断言しておきながら僕はこの2つとも持っておりません)

そしてもう一つ、男達を魅了してやまないものがあります。 それは、

大画面!です。 共感して頂ける方も多いのではないでしょうか。

そういえば女性で『でかいテレビが欲しい』ですとか、高価なオーディオシステムに

興味がある、という方はあまりいませんね。

これはやはり男特有の症状なのでしょうか?






その大画面ですが、僕が自室にテレビを所有する事が許されたのは中学二年生の頃、

≪白黒≫です。

祖母宅から譲り受けた白黒テレビです。

土曜の深夜にサンテレビの「〇〇の絵本」をイヤホンで視聴している最中にオカンが二階に

上がってきて慌ててテレビを消して寝たフリをきめ込むものの、ブラウン管の中央に消え

切らない小さな光の点が浮かんでてさっきまでテレビ観てたのがバレバレ、というあの

白黒テレビです。

自室に大型液晶&スマートフォン、ゲームハード機2台に自分専用PCでFC2動画に

ウッヒョ~!な現在の中高生の皆さんからしてみれば

(…B29爆撃機が襲来していた時の話か?)と思われるやも知れませんが

これが当時(※昭和60年代)の正しき中学生像なのです。






数年前40インチのテレビを購入しました。

当初は体調のすぐれない時なぞ画面酔いするほどに大きく感じたものですが、今となっては

フツーのテレビです。

いくつになっても大画面に焦がれる僕としては当然ネクストステージを目指す訳ですが

最近こんなモノを購入しましたよ↓ 











CIMG_convert_20121130213311.jpg

プロジェクターです。 2200×1250 約100インチです。

ついカッとなって5.1chサラウンドシステムまで買ってしまいましたよ。

60インチ液晶とずいぶん悩みましたがプロジェクターにして正解でした。

この大画面と比べたら40インチなんてミジンコのキ〇タマです。

音響設備もプロジェクターも比較的安価なエントリーモデルです。

考えに考えたあげく、音も映像も使っていて不満が出てきたら買い換えていこうという結論に

至ったのですが、しばらくはこれで充分です。






先程の画像でお分りの様にディスク再生プレイヤーはPS3です。

PSPでも相当遊び呆けてしまったのに、こんなの買った日にゃ…と思ったのですが、

こうなりゃ≪毒を喰らわば~≫です。

それにPS3を購入したのには訳があるのです。 ↓の動画をご覧下さい。




コレは買うやろ?(←タメ口)

大画面&サラウンドの臨場感はスゴイです。 スゴイというか、ちょっと怖いです。

先日もオンラインモードでスペイン人プレイヤーと空母爆撃作戦を決行しました。

ちょっとハマってます(^-^;)






さて、肝心の画質ですが、再生ソフトがブルーレイとはいえ、残念ながら僕が購入した

プロジェクターはフルハイビジョン出力ではないゆえDVD以上BD以下

いったところでしょうか(多分)。

それでも先ほど申しましたように、多少の不満は圧倒的大画面が全て吹き飛ばしてくれます。

アニメ、ゲーム好きの方には超オススメです。

大画面テレビの購入を検討されている方はプロジェクターという選択肢も加えられては

いかがでしょうか。
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。