スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOOK30

李歐 (講談社文庫)李歐 (講談社文庫)
(1999/02/08)
高村 薫

商品詳細を見る

山崎豊子さん、住井すえさん、サガンさんと、僕が今まで読んだ女性作家はこの

お三方のみと極めて少ないのですが、この「李歐」を書かれた高村薫さんでもって四例目と

なります。

高村薫という作家の名前は作品を読む前から存じておりましたが、≪薫≫という名は男でもまれに

存在する事からまさか女性とは考えもしませんでした。

そしてそれはこの「李歐」を読み進むにつれ『コレ本当に女性作家か?』と、ますます

驚きが増したのです。

差別的表現になるやも知れませんが、女性の書く文章にしては力強すぎるのです。

物語の中心人物である吉田一彰が幼少期の頃から関わりをもつ≪守山工場≫の作業風景

などは感服しました。

守山工場は金属加工業なのですが、僕が似たような仕事に携わっているせいか、その見事な

までの描写は金属業独特の防錆油の匂いまでが伝わってくる程です。

そして何より強調したいのは作品を通じて感じる≪音≫ これに尽きます。

僕が読んで『良い!』と感じる作品には例外なくこの≪音≫がいつも聞こえるのです。

もちろんダイレクトに「ガッタンゴットン」と書かれているワケではありません。

以前にも少々触れましたが、小説において僕が初めて≪音≫を感じたのは中学生の頃に読んだ

松山善三さんの「厚田村」という物語です。







北海道極寒の地であるニシン漁が盛んな村を中心とした物語なのですが、作詩家の

なかにし礼さんの自伝や、同氏の手がけられた「♪石狩挽歌」をご存知の方は

一昔前のこの「ニシン漁」というモノがどの様な感じかはご理解頂けると思います。

ニシンというヤツは来ない時は全く来ずに村人たちは利益を得れず餓死寸前なのですが、

イザそのニシンが来たとなるとバカが付く程浜に押し寄せる為に昼夜を問わず村は天地を引っくり

返したような大騒ぎです。

コチラとしてもニシンが来るのを心待ちにして読んでいますので、その時の村人達のお祭り騒ぎと

きたら圧巻でした。

文章を通じて漁にたずさわる者達の疲労感を打ち消す程の歓喜が伝わってきた程です。

少々横道に反れましたが、この「李歐」にも全篇を通じて≪音≫を感じました。






タイトルの「李歐」ですが、これは中国人青年の名前です。

正しくは「名前の1つ」と表現しなくてはならないかもしれません。

この青年、ある時は一介の殺し屋、ある時は武装勢力のリーダー、そしてまたある時は西側をも

脅かす程にアジア経済を左右するまでの投資家です。

青年と申しました通り若く、そして恐ろしいまでの魅力を兼ね揃えております。

作中にはその容姿が所々に形容されているのですが、僕の文章力では神と悪魔が同時に

乗り移ったようなその李歐の魅力を正確にお伝えする事は残念ながら出来ません。

ここはビジュアルで表したいと思います。李歐です↓












riou.jpg
(limeさん了承済)

僕にこの「李歐」を読む機会を与えてくださった小説ブログ「DOOR」

limeさんが描かれた李歐のイメージです。

本当にこんな感じです。 ミもフタもない言い方になりますが読めば分かります。

すでにこの小説をご存知の方にはどのように映るか知りませんが、少なくとも僕にはこの姿で

李歐は現れました。

これからこの作品を読もうと思われている方はこのイメージを頭におかれて読まれますと

より一層作品に没頭できるはずです。

けど一応は読後のレビュー記事ですのでビジュアルばかりに頼らず、僕なりにこの李歐の魅力が

巧みに表現されていると思った箇所をご紹介したいと思います。







主人公である2人、吉田一彰と李歐が守山工場で再会した場面です。

李歐が一彰を確認するやいなや、ろくな挨拶を交わす事もなく一彰の顎を無造作に掴み、

ジーパンのポケットから取り出した口紅を一彰の唇に塗るのです。

「男が男に」です。 何故かその行為が終わるまで一彰は微動だにしません。

口紅を塗り終えた李歐は一彰を吟味するのですが、自分が思った程の効果が得られなかった

のか深く溜め息をつくのです。

勝手にやっておきながら勝手に自己解決です。 しかも男に口紅、一彰をまるでマネキンか

何かの様に扱うという無礼な行為です。

現実でこの様な振る舞いを無条件に受け入れてしまうには2つのケースがあると思います。

1つは相手が暴力を背景とした高圧的な態度の場合、もう1つは相手が有無を言わさぬ

圧倒的存在の場合です。

このシーンは間違いなく後者です。

作中で李歐は2度ほど自分への裏切り行為をした者に残虐な刑を執行するのですが、それを

サラリとやってのける李歐には僕も圧倒されました。





さて、レビューですのである程度はストーリーをご紹介しなければならないのですが…、

…何を書けばよいのでしょう…?  大まかに言えば一彰が李歐と交わした

≪約束を果たす≫というストーリーなのです。

そしてコレは書いてよいのか?大丈夫か…?、いや、書かせて下さい!
(たしかlimeさんも同作か他の作品で同じ様な葛藤をされていた気が…)

終盤の『ヘイ……!』 『やぁ』です。

まさにココ!です。

文庫本としては少々厚めのサイズなのですが、この≪2言≫の為に≪今まで≫があったと

言っても過言ではありません。 








一彰と李歐が約束を交わし別れてから数年、一彰の気がかりをよそに各国のオモテ、ウラの

組織を手玉に取る李歐の痛快さもこの作品の魅力の1つです。

しかし全然レビューになっていませんね(^-^;) まぁ、とにかく興味のある方はご一読下さい。

『つまらなかった』とは言わさない自信があります。

この「李歐」の表紙には桜が表されています。 そしてlimeさんのイラストにも桜が描かれて

おります。 

僕は読み終えるまでただのピンク色の表紙という認識でした(≧▽≦)

この≪桜≫というのもこの作品には重要な部分です。

桜の季節になる度に僕はこの作品を思い出す事となるでしょう。







最後にもう一つ印象に残った箇所、守山工場での≪おでんパーティー≫のシーンです。

一彰は咲子を連れ出し、宴会の席から離れた人目につかぬ所で咲子を抱き寄せます。

『カズさん、乱暴やわ……』

ドキドキしました!( ●≧艸≦)
(スミマセン、最後の最後でやってしまいました…)
スポンサーサイト
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。