スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇井メモリアル3

先週の土曜、僕は意を決して4歳頃まで住んでいた街を散策してきました。

最後に訪れたのはいつだったかはもう覚えていません。

前々から『いつか行こう…』と思ってはいたのですが、どうしても足を向ける勇気が出ません

でした。

決して遠く離れているという訳ではありません。 ただ、ある理由から気持ちの整理がつかなかった

のです。











駅降りてから目的地まで30分くらい歩かなダメ
なんですよねぇ~(>ω<、)


バスに乗れば済むハナシなんですが、僕には≪バス移動≫という概念が無いのです。

まぁ、この日は仕事も早く終わりましたので散歩のつもりで行ってまいりました。

ご覧下さいませ↓











BGMとしてご活用下さい (※犬のウ〇コは出てきませんのでご安心を!)








CIMG0847_convert_20110927074653.jpg
大阪市旭区にある城北公園沿いの堤防です。

少々見えにくいですが、ご覧の様にこの付近は淀川本流に並んで池のようなモノが点在して

おります。

僕の記憶が正しければ当時コレらは通称バクダン池と呼ばれており、その名の示す

とおり空襲で出来た池なのだそうです。

着弾痕なのですからイキナリ深く、浅瀬というものが無いため落ちれば非常に危険です。

当然幼い子供をもつ親なら我が子に『近寄るな!』と忠告しますが、当然蛇井少年は

行きます。

そして当然事故はおきます。 

ある日、僕が崇拝していた1、2コ上の近所のお兄ちゃんとこの池の周りでかけっこをしていた時

僕の見えない所でこのお兄ちゃんが池に転落したのです。

幸い近くで釣りをしていたおっちゃんにすぐ救い上げられたので事なきを得たのですが、全身

ズブ濡れで家に帰ったお兄ちゃんは母親にドツキ回されていました。

先ほど≪崇拝≫と申しましたとおり、彼は僕の為にバッタを捕まえてくれたり、川に流された

ボールを取ってくれたりと僕のヒーロー的な存在だったのです。

しかしそのヒーローは今、母親に叩かれ僕の眼前でギャーギャーと泣きわめいています。

(…なんや、コイツも子供やんけ…) この時は本当にこう思いました。

≪ヒーロー≫から≪同レベル≫まで格下げです。

今にして思えば人生初の失望ですね。

しかもマズイことにヒーローは『蛇井君と一緒に行った』なんてゲロるものですから

当然僕のオカンにもこの事故の情報は流れ、その晩僕はヒーローと同じめにあわされました。

ギャーギャー泣きました。 子供ですし。

1枚目からハナシが長くなってしまいました、次です↓







CIMG0854_convert_20110927075040.jpg
この神社の木にも思い出があります。

買ってもらったゲイラカイトがこの木に引っかかったのです。

ゲイラカイトという物は特別な技術が無くとも風さえ受ければとんでもなく高く上がる事が

あります。

4歳(?)の腕力では当然その風圧に耐えられるわけもなくタコ糸を放してしまい、あえなくこの木に

墜落しました。

今なら木に登って回収する事も出来ますが、当時の僕には出来るはずもありません。

しかし諦めきれない僕は何日もこの写真の位置からゲイラカイトを眺めていました。

そんなある日の事、いつもの様にゲイラを眺めていると、僕と同じ歳くらいの男の子と、その父親

母親らしき人が木に引っかかった僕のゲイラを指差し何か話していました。

すると父親らしき人はスルスルと木に登りゲイラを取り上げるとソレを男の子に渡し、その場を

立ち去ったのです。

僕はギャーギャー泣きました。

CIMG0850_convert_20110927074855.jpg
僕の泣き声を聞いて集まってきた友達や近所のお兄ちゃん達にたった今おきた事を話しましたら

彼らは立ち去る親子3人に向かって『ドロボー!』だの『返せ~!』だの僕の為に叫んで

くれた記憶があります。 方向は忘れましたが親子はこの道を歩いて行きました。

僕達から少し離れた所で母親らしき人は歩きながらコチラを振り返り何か言ったのですが僕には

聞き取れませんでした。 少々胸の痛い思い出です。











CIMG0859_convert_20110927075210.jpg
貨物列車の鉄橋です。

夕刻になるとオカンと2人でよく列車と夕日を見に来ました。





CIMG0860_convert_20110927075358.jpg
これは当時のままなのでしょうか、オカンに抱え上げられてこの木製の柵へ座らされた事が

あります。

またまた僕はギャーギャー泣きました。

『お母さんが支えてるから大丈夫やん。ダメな子やなぁ』こう言われた

事はよく覚えています。

『そんなもんアテになるかッ!万が一って事があるやろ!
100%の安全を保証しろッ!!』


まぁ幼い子供がこの様な事を言うわけがありませんが、とにかく『降ろせ!降ろせ!』

ワンワン泣いたのを覚えております。









以上です。 しかし泣いてばかりですね(´ー`)y-~~ まぁ今でもよく泣きますが…。

またいつの日か思い出し、次に訪れるのはいつになるでしょうか。

その日は今よりも成長している事を願います。
スポンサーサイト
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。