FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベタ」ノススメ

【ベタ】 調べますと「そのまま」「ありきたり」「特別でない」という意味が

あるそうです。

まぁ、この様に小難しく考えるより≪使い古された表現≫を視聴した際に『ベタやなぁ…』

用いる事が多いですね。 つまり斬新の対極にあるのがベタという事です。

もっと平たく言えば≪ベタ=面白くないモノ≫というのが一般の認識かも知れません。

しかし、はたして本当にそうでしょうか?






確かに僕も映画や小説、音楽に対して『ベタやねぇ』と発する時はあります。 ありますが、

先程の「そのまま」や「ありきたり」は言うなれば基本に忠実という捕らえ方も出来ると

思うのです。  

バンド結成したての10代の頃『今まで誰も演った事のない新しい音楽を!』

と病的なまでに僕はオリジナリティーを追求しておりました。

その意気や良し!というモノですが、執拗に追い求めるあまり結局自分がどこに辿りつこうと

しているのか分からなった、という本末転倒な事態に見舞われる事も多々。

趣味の創作活動において似たような経験をされた方は少なくないと思います。






そんな時は基本に戻られる事をオススメします。 オリジナルを追求する者にとって特別ではない

≪基本≫に戻るという行為は断腸の思いかも知れません。 

しかし、遠回りした者だからこそ気付ける基本の大切さという事もあるハズです。

出口が無いなら入口から出るのが僕の流儀です。 

『なにイキッた事ぬかしとんねん!「重音椅子」のくせに!』

いうのは差別発言ですよ。

少々前置きが長くなりましたが近々僕は「古流妹道外伝」とは別のマジストーリーを書いて

みようと思案しております。

ここでも性懲りも無く不毛な≪斬新さ≫に振り回されていたのですが、そんな事で必要以上に

時間を浪費するよりも先人達が築き上げたベタをトコトン受け入れるのもテではないか?と

考えたのです。

さすがは≪ベタ≫ですね。 少し考えただけで6つ思いつきましたよ。

ご覧下さい↓









遅刻寸前のダッシュ少女が十字路で少年と激突、教室へ
駆け込むと自分を罵倒した先程の少年が転校生。

(池田理代子先生が今この様な新連載第1話を描けば担当はどのような反応をするのでしょうか)





足手まといで役立たずの旅のお供がラスボスに対して
トンデモパワーを発揮。






ワインディングロードで黒レザーを着用した謎のライダーと
バトルして転倒、自分の元へと戻ってきたライダーがヘルメットを
脱ぐとロングヘア美女。

(首を軽く2、3度振って髪の毛バッサバサ、というヤツです)





深夜の山中で遭難して意識が薄れる中、死んだはずの飼い犬が
道案内。






ひょんな事から相棒に覆いかぶさるように倒れると柔らかな胸の
膨らみにドッキドキ!

(『お前、女だったのか~!』というヤツです)





ビル火災or洪水の窮地からやっとの思いでまぬがれた
男女2人が救急車&パトカーがてんやわんやの現場を
背景にチュー(≧з≦)

(男のイデタチは泥だらけの白Tシャツ(タンクトップ)である事は言うまでもありません) 





どれもこれもスペシャル級のベタですね。

しかしながら、これらの表現が誕生した当初はそれはそれは斬新だったはずです。

今ちょっとしたアイデアがあるのですが、それを活かすにはまだまだ≪ベタ度≫が足りません。

僕が見落としている≪ベタ展開≫がありましたら是非ともお知らせ下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

あれよあれよという間に、殺人まで犯してしまった男。
泣きたい気分で「どうしてこんなことに!」と叫ぶ。
しかし、はっと気がつくと、そこは1日前。事件の前日に時間がもどっていた。

・・・なんて、酷くベタじゃないですか?笑
この手のドラマで、まだ一度も「このラストは面白い」と思ったことがないんですが。。。。

仕事で描く4コマ漫画に、ベタな展開を求められる時があります。
あれはなんとも、敗北感でいっぱいになります・笑

それより、蛇井さんの「ベタ」を超えた「べた」小説。
「べた」を武器にした「べた」小説、期待しています!

殺人事件の被害者の関係者の中で、ひときわ美しく、そして気の毒で儚げな未亡人が実は犯人。
刑事:「あなただったんですね」
未亡人:(涙ながらに)「仕方が無かったのよ!あの人が憎かった!!
      私があの人と出会ったのは、12年前でした・・・とても優しいお兄さんという感じで・・・」(以下略)
もちろん、この告白が続く現場は、東尋坊あたりの崖の上。


ま、ベタですな(^^;

しかし、「ベタ」と「安易」は混同されがちのような気がします。
例えストーリーが「ベタ」であっても、小説であればその背景にある人物の心境や、細かいディテールなんかが美しく書き込まれていたら、それだけでもいい小説になりえる気もします。

小説はむずかしいのでよくわかりませんが、音楽もそうですよね。
私も、斬新な曲を作りたいとか、斬新で個性的なバンドにしたいとか、そういうことばかり若い時は考えていましたが。

だんだんに、ベタな音色でも、ベタな歌詞でも、ベタな曲調でも、ベタな衣装でも、なんかそのほうが人の心にストレートにうったえかけるんじゃないか、と思うようになりました。
ま、そういう言い訳をしながら、安易な曲を書いてますが(^^;


それに、蛇井さんが列挙している「ベタな展開」も、小説の中だったらベタなのに、もしも実生活で同じことが起こったら、絶対にブログに書いちゃうし、友達に話しまくるし、ものすごい経験ですよね?(笑)
「ベタ」とは実は、「普遍」なのかもしれません。
     

lime様へ

文句ナシのベタ展開ですね(≧▽≦)
1日戻った男がまた殺人を冒す過ちを繰り返して
『もどった意味ないやんッ!』てな流れも面白そうです。

やはり仕事ではそのようなモノをリクエストされる時があるのですね。
音楽の分野でもプロデューサーに不本意な楽曲を強要される事が
あるらしいですよ。
『この人こんなのが良いと思ってんの?』視聴者に思われたら
屈辱ですね(笑)

僕が思いついたアイデアはこの≪ベタ≫を使用したある意味新しい物なのですが
ギャグ路線に傾く恐れがあります。 
≪ベタ≫の取り扱いは難しいですね。

秋沙様へ

犯人の告白は東尋坊かビルの屋上が定番ですね。
これらの起用は≪追い詰められた容疑者≫という物を
演出する為の材料と思われます。
街角やイオンの駐車場では追い詰められた感が無いですしね。
上手く使えばベタとは≪説明不要≫の便利な手法です。

斬新な楽曲、ミュージシャンなら誰もが1度は考える事ですよね。
しかし本当に言葉通り誰もやった事のない音楽なんてやってしまったら
恐らく理解者は皆無です。
ある程度は古典と言いますかセオリーを基本にして、その上で斬新を
盛り込む、というカタチを取らなければなりません。
ベタは大切ですね。

ヘルメットを脱げばロングヘア美女、こんなモン本当に見てしまったら
自分が見たにも関わらず『ウソつけ!』と言ってしまいます。

ベタ=安易ではない、という秋沙さまのコメントに、なるほどと深くうなづいてしまいました。

ハーゲンダッツのバニラが一番人気なのは、「ベタ=シンプルかつ優れモノ」であるからでしょう。
一方、火サスとか土ワイとかの、3回に1回の割合で性犯罪が出てくるあのストーリー。
犯人はとってもかわいそうな事情で犯罪をおかしてしまい、
それを上から目線で「でも殺しちゃだめなんですよ」と偉そうに説教する主人公、
最後は主人公家族の幸せな団欒をエグく見せつけて終わる、というアレは、
「ベタ=安易」な使われ方なのでしょう。

蛇井さんの、ハーゲンダッツ・バニラ味のお話、楽しみにしておりますね。

ささめ様へ 

讃岐うどんの「はなまる」でも人気No1は≪かけうどん≫ですしね。
両者ともただのシンプルだけではここまで愛されていないと思います。
実力に裏付けされてこそのベタなのでしょうね。
チカラなき者のベタはただのベタで終わってしまいがちです。

ささめさんご指摘のそのベタ展開は僕も昔から苛立っておりましたよ!
『たまたまアンタに今まで理不尽な不幸がなかったから善人面できるんやろ!』と
犯人の代弁をしてしまいます。
普通に車道を走行していてトンデモナイ所から子供が飛び出してきて
『前方不注意』と言われる位に理不尽です。

話が反れましたね(笑) 極悪不良校に赴任した教師がスポーツで生徒を更生
させるストーリーを今書いたらどうなるでしょうか?

あ、そういえば、20年ほど前。
仕事にマイカー(親のですが)で通っていた時に、帰り道から一本それると海が見える防波堤がありましてね。
若かった私は、時々そこに車を停めて、たそがれていたものですが。

あるとき、私の車の横に、かなり大型の赤いバイクが。(バイクに疎いので、車種とかよく見ませんでしたが)

そして、そのバイクから降り立った黒い皮のつなぎを来た人物が、赤いフルフェイスのメットを取ると・・・

ファサッとワンレンロングヘアーが!!!

あの当時に流行の、太い眉毛のなかなかな美人!!

いやぁ、それを見たときには、「私も絶対にバイクの免許を取るぞ!」と思ったもんです。
後で、「バイクの教習は、まず倒れたバイクを起こすところからなんだよ」と人から聞き、自転車ですら起こすのが難しい私はすぐに断念しましたが。



「ベタ」を求められること、音楽でもありますよね。

私は、今やっている女性トリオバンドが現役の頃、某コンテストのテープ審査に合格、地方予選に出場した時に「ベタ」を求められましたよ。

テープには2曲、シャッフルのリズムのものすごくポップで女の子らしい歌詞の曲と、ツーバスがどこどこ言ってる蛇井、もとい、ヘビーな曲を入れてまして、私たちは当然、その2曲目で勝負するつもりだったのですが、打ち合わせの時にあっけなく、「あ、この『CANDY LOVE』という曲のほうでお願いします」と、シャッフルのほうの曲を言われました。
にぎやかしのガールズバンドがほしかったのねぇ、と思いましたよ。

そこでイジケルことなく、「んじゃ、それで」と、「にぎやかし上等」と思い切りかわいこぶって、「女の子バンドは得だぜ~」と、それからの活動の方向性も決まったわけでございますが(^^;
(注・うちのバンドは、全員性格も言動も「おやじ」です。)

ベタ、おもしろいですよ。
だって、みなさまのベタを読んでいて、おもしろいと思いましたもの。
ベタネタを集めた本があったら読んでツッコミいれたいです。それだけで1日つぶせそうです。

今の世の中、奇をてらいすぎです。基本に忠実にいきましょう!!
↑オリジナリティーの追究がめんどくさい人間の言い訳(笑)

秋沙様へ

思うにその女性ライダーは≪ソレをやる為≫に免許をとられたのだと
思います(笑)
いや~、しかし実際にいるとは…。

主催者として≪女の子≫に求めるモノはそれだったのですね。
いや、分かります。僕が審査員でもそう対処すると思います。
僕も昔に何度か賞付きのイベントに出た事がありますが、必ずと言って
よいほど女子高生バンドが「特別賞」的な急遽設けられたであろう賞を
獲っていましたよ。

あまり関係ない話ですが、僕は歌モノ系バンドが多い日にハードコアや
へヴィーロックを演って客をドン引きさせるのが大好きです。

綾瀬様へ

ストーリーでも音楽でもそうですが『新しいモノが作れた!』と思っても
必ずどこかが似ていたりします。
これはもう避けれません。 仕方のない事です。
『ならばソレを逆手にとってべッタベタのベタベタで…』と考えました(笑)
これはこれで新しいのではないでしょうか。

仰るとおり、基本は大切です。 基本をおろそかにしては≪奇≫なるモノ
は生まれないと思います。
でもオリジナル…、良いですよね(≧▽≦)

あれ?書いたかな?と思わず自分のコメントを読み返してしまいましたが・・・。


はい、このコンクール、見事に「審査員特別賞」をいただきましたよ(笑)。
ベタな展開ですね(^^;

秋沙様へ

僕は1度も受賞歴ナシです。
対バン連中にはド下手ゆえの超ストレートパンクはウケが良いのですが
観客にはサッパリンコでしたよ。

当時はビートロック全盛でしたので、場慣れした先輩バンドにはベタな
コード進行の音楽が逆に新鮮だったのかもしれませんね。

あぁ、いいですね、「ベタ」なコード進行のストレートパンク。

コンテストねぇ、うちのバンドはホントに、女の子バンドの王道をいってましたよ。
「審査員特別賞」や「観客の人気投票第一位」。

あ、でもねぇ、ボーカルの奴がなぜか「ベーシスト個人賞」を取ったり、(あれだけの歌を歌いながら弾くのがすごい、という理由で)、ドラムは「ドラム個人賞」を取ったり。
「ギタリスト賞」を取ったことがない、っていうのがオチでして・・・(^^;


たしかに当時、優勝するバンドは、イギリス風のちょっとかっこいいビートロックでしたねぇ。

秋沙様へ

もう、ほとんどメジャーコード!(≧▽≦)
『セブンス?何ソレ?』『ヘンな音!気持ち悪い!』25歳くらいまで
こんな感じでしたよ。

なにせ≪パンク以外はロックに非ず!≫とまで思っていましたから。
6弦全部鳴ってなイヤでした(笑)
あの時もっとギターを真剣に勉強していれば今頃もっと…、
いや、いつからでも日々努力ですね。



あはははは!!

6弦全部なってなきゃダメですかい(^^;

女子にはそれがハードル高いんですよぉ。未だにバレーコード押さえるのきついし(^^;
アルペジオなんて、半分鳴ったらいいほうですよぉ。

それでどうやってロックをやるのかって?

そりゃあなた、必殺「5度コードオンリー」ですよ。メジャーかマイナーかすら考える必要ないし(笑)



日々精進ですね・・・・(-"-;)

秋沙様へ

あの時は≪大きな音=へヴィーな音≫と考えていました。
エフェクターを通さず(チューナーすら通さず!)マーシャルに『ズボッ!』でした。
ギターもテレキャス、レスポール、気分によってバラバラ。
時にはサンダル履き、って事も…。 ライブをなめてますね(^-^;)

パワーコードを初めて使用した方は偉大ですね!
困ったときのパワーコード、考えてみればギターは初心者でも
充分ライブ出来ますね。
いや…日々精進ですね・・・・(-"-;)
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。