FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪信じる≫という事

8月14日です。

僕個人としましては夏季休暇の中間という事もあり、脳内にはヤシの木が生い茂り、ハイビスカスが

咲き乱れているワケでありますが皆様はこの猛暑の中いかがお過ごしでしょうか?

以前の僕なら長期休暇には『何かをしなくては!』という義務感に支配されていたの

ですが、もうその様な思考は捨てました。

気が向いたときに読書したり、映画を観たり、動画サイトを閲覧したりと徹底的にノンビリと

過ごしております。

やはり休みはこうでなくちゃいけませんね。








皆様は超常現象などのオカルトチックなお話はお好きでしょうか?

先日、何の目的もなくサイトからサイトへと飛び回っておりましたらその様な記事をまとめた

サイト様に遭遇しました。

僕はその類の話が結構好きでして時が経つのも忘れて読みふけっておりました。

オカルトと申しましても≪幽霊≫等ではありません。

もちろんその様な話も紹介されていましたが、ソレらは置いといて数あるお話の中から1つの

エピソードをご紹介したいと思います。

『べッ別にオバケが恐いとかそんなんじゃ
     ないんだからねッ


↑今流行り(?)のツンデレで記してみました(製造業 39歳男性)









2001年12月の深夜、グリーンランドにある空軍基地で正体不明の飛行機がレーダーに捉え

られます。

極寒地での真冬という事もあり外の気温はマイナス50度、おまけに大型台風並みの暴風が吹き

荒れている状態。

やがてその未確認飛行物体から無線が入ります。

~こちらキングバードやけど、暗すぎて滑走路が見えへんねん。
もっと照らして~

 
その飛行物体の速度は極めて遅く、現代では使われる事のない周波数で交信してきたそうです。

『暗すぎる?コンピュータ壊れてんのか?
てゆーかキングバードって自分ら誰やねん?
今日そんなん来るって聞いてへんぞ。』


関西弁で再現しましたが、この様なやりとりがされたそうです。

しかしながら現在では使用される事のない周波数ですので満足に聞き取る事が出来ません。

そうこうしているうちに飛行物体は基地の近くでコツゼンとレーダーから消えます。

墜落したかもしれない事は分かっているのですが、外は超がつく程の荒天、捜索は難航する事

必至です。

嵐が弱まった明け方に捜索隊が出動、数時間後に胴体着陸をした飛行機を発見します。

その正体はアメリカ空軍の爆撃機キングバード50。  機体の損傷が少ないところから胴体着陸

には成功したようですが、極寒のためか乗組員は全員死亡していたそうです。

不時着したキングバードの航行日誌には先ほどまで行っていた基地とのやり取りが記録されていた

らしいのですが、ある一文を読んで捜索隊は驚愕します。

なんとこの飛行機は1948年にアメリカの某空軍基地から飛び立った、と日誌に記されて

いたのです。 目的地はこのグリーンランドの空軍基地。

そのアメリカ空軍基地にもこのキングバードが1948年にグリーンランドへ向かったという記録は

残っており、さらに調べるとこの飛行機は53年前にバミューダ海域で消息を絶った事が判明したの

です。







いかがでしたでしょうか?ばみゅ~だなんてもち出された日にゃ信じる他ありませんね。

このテの話はすぐさま≪信じるor信じない≫で議論されがちですが、僕は基本的に

信じるほうです。

信じるというか、『まぁ、たまにはそんな事もあるんちゃう?』というスタンスです。

自分たちの事は棚に上げて地球にだけキチンとした時空間管理を押し付けるのは人間のエゴと

いうモノです。

たまにはそんな事がおきても良いではありませんか。

僕がこのように柔軟な姿勢なのも、何を隠そうこの僕も幼い頃に不思議な経験をしているから

なのです。

あれは小学生の頃でした、いつまで経っても孵化しないカマキ 

コメントの投稿

非公開コメント

あのカマキリ・・・いや、犬のフンは、蛇井少年に、柔軟な思考力を与えたのですね。
グッジョブ。ワンコ。

私も怪談はダメですが、こんなお話は好きです。
実際にどこかで、本当にそんなことがあったとしたら、すんなり「そうかあ」と、受け入れられるはずです。

トワイライトゾーンに、似たエピソードがありましたね。
そういえば、日本のドラマにもありました! もうずいぶん前??
ともさかりえが出てた事しか記憶にないんですが・・・。
航空機が消えて、時間を超えて・・・。

・・・本当にそんなドラマがあったのかな。
最近、自分の記憶に自信がないので、聞かなかった事にしてください。出直してきます。

でも、ともさかりえが、出てたよなぁ・・・。

lime様へ

この類でよくあるのが≪前世の記憶≫ですね。
ほとんどはウソ、記憶違い、電波系だそうですが中には幼い子供にも
関わらず、ある特定の地域でしか話す事のない言語を喋る、なんていう
事例もあるそうですよ。
まぁ、そんな事もあるでしょう。

飛行機のタイムスリップネタといえば戦時中のB29が現代の東京上空に
現れる、という物騒なストーリーがありました。
やはり書く人間としては1度くらいはタイムスリップというベタな展開を用いる
べきですよね。
今度limeさんも≪夢オチ≫とかどうですか?(≧▽≦)

カマキリは時空を超えて脳を柔らかくする作用のある生き物なのだ、と再認識いたしました。
カマキリの銅像が街中に立ちならばないのが不思議でなりません。カマキリ教という宗教があっても良いような気さえいたします。

バミューダのあたりは、船が消えたり飛行機が消えたり、一瞬にして数百キロ移動していたりといろいろなお話がありますよね。
ああいう「ふっしぎー」なお話、大好きでございます。
でも昔の人から見れば、現在のネットやらテレビやらも十分「ふっしぎー」なような気もいたしますので、
数百年後にはみな、時空間を自由に旅行するなんてこともできているのかもしれませんねぇ。
タイムストリップ、というベタな言い間違いをお許しください、タイムスリップできるなら、恐竜の時代とかちょっと見てみたい気もいたしますが…

ささめ様へ 

牛ですとか一部の動物は聖なる対象におきかえられる事はありますが
昆虫の類は無いですね。
どこへいっても虫けら扱いの昆虫達が気の毒です。
やはり虫だけに無視されるのかも知れません(←大真面目に)

たしかに携帯電話なんて昔の人間から見てみればテレパシーと同じだと
思います。 あと車とか飛行機とかクーラーとか。
まるで仙人のような暮らしをしています。
我々は恵まれていますね。 これ以上の贅沢を願ってはいけないような
気がしてきました。
もっとでかいテレビ欲しいです。
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。