FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定変更

前回の宣言どおり【サウンド・オブ・サイレンス】…、と思っていたの

ですが使用したい画像の資料が見当たりませんでしたので断念しました。

それに『…ちょっとキレが甘いかなぁ~…』というのもありまして…。

いや、あんなモノでも結構吟味してるんですよハイ。

という訳で今回は前回にご覧頂きました5億年ボタンのように、気が遠くなる程の

≪時間≫というものを題材としたお話を2つご紹介したいと思います。









トンネル奇譚 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)トンネル奇譚 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
(1997/11)
伊藤 潤二

商品詳細を見る


あら、No Imageですね。 もう新品では手に入らないのでしょうか。

まぁこの著者は沢山の短編集を出していますので別誌で掲載されていると思います。

ストーリーが気になられた方はお探し下さいませ。

まずはホラー漫画界の雄、伊藤潤二氏の短編集から「長い夢」です。

これは文字通り『長い夢を見るようになって困っている』という青年がある病院へ

相談に訪れます。 

実際には一晩の夢なのですが、彼にはその夢の長さが2、3日に感じるらしく、そしてとうとう

一晩に見る夢の長さが1年程になってしまった、との事。

医師は詳しく彼を調べるために病室のベッドに寝かせて脳波形をとりつけ、おそらく夢を

見ているであろう時を見計らって彼を揺り起こします。

医師に起こされた青年は、自分が何故病院のベッドで寝ているのかがすぐには分かりません。

彼は1年半にも及ぶ長い夢を見ていたが為に、自分が病院へ訪れ、入院した事を思い出せ

なかったのです。

この時の彼のリアルな反応を見て医師は、この青年は嘘を言っているのではなく、本当に

≪長い夢≫を見ている、と直感するのです。






やがて医師は青年が睡眠中に一瞬だけケイレンする事に気付きます。

その時に≪長い夢≫を見ているという結論に至り、

『長いと感じるかも知れないが、それは一瞬の事。全ては錯覚』

彼に説明するのですが、青年は納得しません。

≪兵士となってジャングルで10年間逃げ回る夢≫

≪徹夜と試験を繰り返す9年間の受験地獄≫

≪8年間トイレを探し続ける夢≫等々、夢とはいえ、どれだけ自分が辛い思いをしているかを

医師に訴えるのです。

たしかにコレは辛いです。 錯覚だ、と言われても納得できるものではありません。

皆様も経験がある事とは思いますが、夢というものは≪空を飛ぶ夢≫ですとか

≪1つ目の化け物に追いかけられる夢≫ですとか

≪若き日のメグ・ライアンとウッヒョ~!な関係になる夢≫といった様な、日常では

ありえない突拍子のない事柄であったとしても夢の渦中では≪現実≫なのです。

この青年の症状たるや深刻です。

モレそうなままトイレを数年間探し続けるなんて最悪の極みです。








月日が経つにつれ青年の夢は50年、100年と長くなります。

昨日の事を思い出すのも時間がかかるようになり、目覚めるたびに前日とは異なるイントネーション

で言葉を話すようになるのです。

先日の【5億年ボタン】と違うところは、彼の場合、起きても(夢の)記憶がリセットされない

のです。

つまり彼の脳はマジで50年、100年という時間を経験し、記憶しているのです。

そりゃ昨日の事も忘れたり話す言葉も若干変わりますよ。 なんせ100年ですし。

ついに青年は一晩で2000年という長い夢を見ます。

さて、最後に彼はどうなってしまうのでしょうか?

続きが気になる方はご一読下さいませ。

次はコチラです↓










火の鳥 2・未来編火の鳥 2・未来編
(2009/05/20)
手塚 治虫

商品詳細を見る


手塚治虫先生のライフワークの1つである「火の鳥 未来編」です。

西暦3404年、もはや地上は生き物が生存するに適さない環境となっており、人類は世界に

点在する5つの地下施設で生活しています。  全ての地下施設には人類がその生活の≪全て≫を

任せているスーパーコンピューターがあるのですが、そのコンピューターが1人の亡命者をめぐって

『引き渡せ』『渡さない』と争いを始めるのです。

先に申し上げておきますが、この世界ではコンピューターは≪絶対の存在≫であり、人類はその

≪答え≫に対して100%従います。

やがて2台のコンピューター同士による話し合いは決裂、たどり着いたその答えは

≪全面戦争≫です。 互いの地下施設に仕掛けあった超水爆によって地球の生命は

主人公のマサトと数人を残して死滅するのです。







火の鳥おなじみのによって≪死なない体≫となったマサトは、火の鳥から

『もう一度地上に人類を』という命令を受けます。

マサトは何百年、何千年と独学で研究を続け、ロボットや合成生物を作り上げます。

しかしながらソレらはポンコツであったり、試験管の中でしか生きられない、といった不完全な

物ばかりでマサトは落胆します。

万策尽きたマサトは≪最後の手段≫として、もうそれこそ気が遠くなるほどの

時間を必要とする方法を思いつき、実行に移すのです。

さぁ、どのような方法なのでしょう? コチラも気になりますねぇ~(´ー`)y-~~

未読の方には火の鳥、特にこの「未来編」は是非とも読んでいただきたいです。 







さて、手塚先生の作品としてもう一つ忘れてはならないのが「ブッダ」です。

≪全ての【結果】は自分がもたらした【原因】から生まれる≫

世界に宗教は数あれど、選ぶとするならば僕はこの≪仏教≫というヤツが一番理にかなっていると

思います。

もちろん世にある全ての理不尽をこの一言で片付けてはいけませんが、僕はこの考え方が

正しい気がするのです。

つまり僕がこの様な姿形、性格で生まれてきたのも全て自分が原因、という事です。 

まぁ、長くなりそうなのでヤヤコシイ話はここまでにして以下からはいつもの【重音椅子スタイル】

いってみましょう! 







以前にもこんな感じの雑記を書いた時に面白いコメントを頂きました。

この世に生まれる前、我々は≪何でも思い通りになる世界≫

住んでいたそうなのです。

何でも思い通りになるなら誰しもがアレキサンダーやクレオパトラ、ナポレオンや加藤鷹の生活を

望むハズです。  

しかしながらそのような≪何でも思い通りになる≫生活は最初こそ楽しいものの、いつかは

醒めてしまうものです。  そこで興味本位、と申しますか、暇を持て余した僕は

≪成功する為には計り知れない努力と執念≫が必要とされるこの世界へ

遊びに来ているのだそうです。

≪しがない工員で安月給、バンド好きやけどギターめっちゃ下手≫ 僕はなんてリアルな設定に

してこの世界へ来たのでしょう。 

『オレ今度この≪設定≫でいってみようと思ってんねん』

『マジで!?やめとけって。苦労するで』

『アホかお前!俺はどの位置からでも這い上がったるいうねん!
生き様見とけ!』


おそらくこんな感じでノリノリだったのでしょう、周りももっと真剣に止めるべきです。

よって今の僕の低迷はあの時の周囲に原因があるのです。

いくらなんでもこの≪設定≫はアンマリです。 少々ムリがありました。

40日間という短い期間の夏休みでさえ≪登校日≫というプチリセットが設けられて

おります。

人生にもこの≪設定≫を再検討する≪登校日≫はないものでしょうか。

これだけ苦労を重ねているのですから来世はダルビッシュかクリスティアーノ・ロナウドくらいに

生まれ変わらなければ割が合いません。

期待してるぜ!仏陀!!

コメントの投稿

非公開コメント

やばい。
ひとっつもきちんと読んだことのあるお話が出てっこなかったので、気になって気になってしょうがないじゃぁあ~りませんか。
そして、コメントの書きようもないじゃぁあ~りませんか。


あ、ひとつだけ言わせてください。
いくら「何でも思い通りになる世界」だとしても、加藤鷹にはなりたくないです。
やっぱり、男性は憧れるんですかね・・・(^^;

でも、それでも、いわゆる「女子高生モノ」で加藤鷹が一緒に高校生役をやっているのは、どーしても無理がありました。
加藤鷹でも、思い通りになることばかりでは無いと思われます。


って・・・あたしゃ一体、何をコメントしとるんだ~~~~~!!!

加藤鷹って、だれよ! って、最初に調べたじゃないですか。

なるほど。・・・いいかも(笑

長い夢かあ。
私もけっこう、長い夢見ます。大冒険しますが、中盤スキップしますので、感覚としては3時間くらい。
ちょうど映画を見てる感じで。

良い夢ならいいんですがね^^大抵凄く苦労する冒険です。
トイレが見つからなくて、延々探しまわるっていうのは、誰でも見るんですかねえ。
本当に多いです。空しい夢です。寝る前には絶対トイレに行かなきゃ!

ついさっきもね、酷い夢を見ていました。
突然、お笑い番組の司会を振られて、上手く進行できなくて、みんなに白い目で見られる・・・という。
ああ、情けない夢でした。

あ、話がそれました。

自分が思い通りになる世界に住んでいたんですか!
ああ、なんでこんな地味な人生を選んだんでしょう。
どうせ苦労するなら、ダイハード並みにカッコいい苦労をしたかったです。

もう一回、何でも思い通りになる世界に行きたいなあ。
そしたらもう、たぶん、踏み誤りません。

秋沙様へ

最初の「長い夢」はそれほど驚くオチではありませんが
「未来編」は本当に壮大ですよ!
火の鳥は他に「鳳凰編」「望郷編」「復活編」がオススメです。
ご近所であればお届けに参上するところなのですが…。
あ、でも僕は秋沙さん在住地の正装である≪スカジャン≫を持って
いないので市内には入れないですね、残念です。

しかし秋沙さん、「巨乳100選」といい、よくそのテの映像の事は
ご存知のようですね(≧▽≦)
おっしゃる通り有名な男優さんですと、どうしても全面に出てきがち
なのですが、最近は男がほとんど映らない≪主観≫という演出が主流
なんです。
あの撮影法は実に親切です。 集中(?)しやすいのです。
感情移入しやすいのです。
もうこの辺でやめときます。

lime様へ

申し訳ありません、その道では有名な人物ですので誰もが
知っているように書いてしまいました。
お!limeさんは賛同してくださるのですね!
元その仕事をされていた男性の手記を読んだ事があるのですが
仕事はベリーハードらしいです。 とても辛いのだとか。
羨ましくも思いますが、そもそも僕は小心者ですので人前で≪競技状態≫
には絶対になれません。 無理です。

limeさんの見る夢は僕と系統が似ていますね。
僕も人前で醜態をさらす夢をよく見ます。
最近見た夢で覚えているのは≪人が大事にしている物を壊してしまう≫夢です。
起きて『…あぁ、(夢で)良かった~…』と安堵するのです。
これって得しているのでしょうか?

limeさんが一生懸命、ネットで「加藤鷹」を検索している姿を想像して、笑ってしまった秋沙です(^^;

昔、友人の結婚式の二次会か何かで、私は新郎側の友人だったのですが、新婦のご友人の中にいた男性のことをやはり新郎側の友人が(私はその日が初対面だった)「かっこいいっすよね~。加藤鷹みたい!」と言ったのを、思わず「あ!似てる!」と賛同してしまって、「知ってるのかよ!」激ツッコミされて恥ずかしい思いをしたという過去があるのに、またやってしまいました(^^;

そうなんですよね、あの世界、トップになればなるほどベリーハードみたいで。
加藤鷹然り、チョコボ然り、なかなかストイックに、「仕事」のために鍛錬なさってるようですね。

あ、なるほど「主観」(^^)
もう最近は、その手の映像を見ることもなかったのですが、あまりにも膨大なダンナのコレクション、まだ増え続けているようなので「いったい、どんなのを集めてるのよ!?」と先日、少しだけ拾って見てみましたが(暇な主婦っていやぁね)、確かにそのような手法の物がほとんどだったような。
もう食傷気味で、まともに見る気にはなれなかったところが、自分でも歳を取ったと言うか枯れてしまったというか、ちょっと虚しい所ではあります。。。

うちのダンナと語り合わせたら、何日でも語っていられそうですね、蛇井さん(^^)

スカジャン、ぜひとも一枚は入手されるのが良いかと(^^)
で、ステルスで「火の鳥」、配達してください。(いい加減、ステルスネタ、しつこいかな)

秋沙様へ

加藤氏のみならず向井氏までご存知とは(≧▽≦)
そうなのです、今は主観スタイルが主流なのです。
僕も昔はレンタルに励んでいたものですが、今は動画サイトに
移行しました。
閲覧数制限等で多少不自由(?)な思いをしていますが、まぁ
何とかやっていけてます。 

おっしゃる通り秋沙さんのご主人とは良い対談が出来そうです。
その際は秋沙さんに「西部警察」に出てきていた女性シンガーの様に
アコギで生演奏していただけたら幸いです。

そういえば紺&シルバーで龍の刺繍といったオーソドックスなスカジャンを
持っていたのですが、なくしてしまいました。
今の僕の歳なら逆にスカジャンもアリかも知れませんね。

アレキサンダーやナポレオンと同列に加藤鷹がいるような気がしますが、これは鳥類の鷹の一種ですよね、もちろんわかっておりますとも。
そうかぁ、こちらの世界には遊びに来ているんですね。なんで貧乳の設定にしたのか、自分の選択が悔やまれます。
輪廻転生は、今の自分が原因で次の転生が決まるんでしたっけ、じゃあささめはたぶん足がいっぱいある昆虫の類になるような気がします。
蛇井さんはきっと…もごもごもご(素晴らしい生物の名前を言おうとしたのです、本当に。ただ噛んだだけです)

ささめ様へ 

ええ、もちろん鳥類です。
この鳥類は今までに数千本にも及ぶその行為の記録映像を
残しており、著書もたくさん出版しております。
実にうらやましい鳥類です。

あら、ささめさんも今回の≪設定≫に幾ばくかの不満を持っておられるようですね。
と、いう事はささめさんの前世は百戦百勝、魅惑のウッフンガールだったと
推測されます。
僕と同じく興味本位で≪飛車角抜き≫の設定で遊びに来られたのでしょう。
貧乳との事ですが、それはいう程ハンデには値しません。
好まれる方も大勢います(※ここにも)。

次の僕はどの様な設定なのでしょう?≪思い通りにならない世界≫は充分に
満喫しましたので次回は産油国の王様あたりになってみようかと思います。
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。