FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古流妹道外伝 序章17

僕自身とても驚いたのですが、なんと「古流妹道外伝」の続きを待っておられる方が

いらっしゃいました! (僕は完全に忘れていました)

当ブログ開設以来、一番最初にコメントを寄せて頂き、僕のブログライフに希望を与えて

くださった方なんです。

今はご多忙な為になかなかコチラに来ていただけないようですが、いつの日か目に留めて

もらえれば幸いです。






慌てて蛇井は6階の窓から覗き込むように視線を降ろすと、本部前の幹線道路に

日本にある全てのAV会社のロゴマークが全面にペイントされた日産プレジデントが

蛇井のいる本部前で、けたたましいブレーキ音を上げながら、まるでディズニーアニメのように

くの字≫に車体を折り曲げて急停車した。 

かくも車とはこのような動きが出来るのか、いや、感心している場合ではない、奴らである!

この≪決して関わってはいけない≫車はMMPPの隊員達に違いない!!

自分達以外の組織を一方的に敵視し、問答無用に殺戮を繰り返す連中である。

蛇井は額を窓に押し付け、固く目を閉じ覚悟を決めた。

 



いや、非道な彼等とはいえ≪人間≫である。

MMPPに都合の良い条件を提示し、100%降伏に徹すれば彼らとて無駄な殺生はすまい、

(話し合えば分かる事だ…) 蛇井はわずかな希望を抱いた。 

が、越中フンドシに紺のニーソックス、タータンチェックのマフラーを捲きスキンヘッドの額に

≪ノーパン喫茶≫のタトゥーが記されたMMPPの隊員数名が奇声を発しながら下車してきたのを

見た時、蛇井の希望は粉々に砕け散った。 話し合いが通じる相手ではない。 

中には横モヒカンでミニスカ・ウエディングドレスを着た、ブルーのカラーコンタクトを

装着している中年男性も数人いる。

(確実に殺される!!) 

蛇井は、すがるように大佐へと視線を移した。 少々不本意ではあるが、ここはもう大佐の

人間ばなれした知恵でもってこの窮地を切り抜ける以外に道は無い!




しかし大佐は≪リュックを背負ってモトクロスバイクにまたがりジェットヘルを被る≫という

どこからどうみても≪10時頃おきて朝昼兼用の食事をとった後、通学する≫大学生に変装して

いたのだ!

なんという見事な変貌…、いや、こちらも感心している場合ではない、もうこの大佐はアテに

出来ない。 

蛇井は本部ビルで唯一非常口がある秘書室へと駆け出した。





秘書室のドアを蹴破ると、そこにはもう彼女はいなかった。

室内には主のいなくなったノートPCが机上に放置されている。

ムシの居所が悪かったのだろう、モニターをのぞくと、彼女はまた某質問サイトに 

【4歳の娘と電車に乗っていた時の事です。
座席で娘が土足でトランポリンごっこをしていると、向かいに座っていた中年女性が「まず母親であるアナタが注意しなければいけませんよ」と怒鳴ってきたんです! すかさず私が「コレはあんたの電車なのッ!?」と言い返すと、自分が正しくないと分かったのか女性は黙っていました。
今こういう善人ヅラする人ってほんッと多いですよね!】


という悪質な釣り質問を投稿しようとしていた。

蛇井は自分におかれた窮地を忘れて『…これマジちゃうか…?』と呟いた。

PCのファンが止まり、西日を受けた室内には秒針が響いていた。


(つづく)






支持者がつく小説とは思えないのですが…。

無いとは思いますが、皆様からのリクエストがあればまた書かせて頂きます。

コメントの投稿

非公開コメント

お~っと!
ここへ来てまさかの蛇井小説復活!

すみません、私が訪問するようになって以来、小説のupが無かったもので、まだ未読です。
なので、今回は読まずにコメント失礼します。

最初から読ませて頂きますm(_ _)m

実は、出先の郵便局でこれを読んで、あまりに面白かったので小躍りしました!

すっかり満足して、コメ、書き忘れました!(爆

もう、ぜったい続けてください。最高です。

大佐の変装の巧みも(w)さることながら、秘書の悪質な書きこみに惚れぼれ。

「それ・・・マジやで・・・」(ぼそっ)

読んじゃった・・・最初から全部・・・。なんかもう・・・茫然自失・・・(^^;

もうねぇ、宏美とのジブリな会話とか、「妹道」とはなんたるか、とか、とにかく笑えて笑えて大変だったのですが、私が思わず腹の底から笑ってしまったのは、オーストラリアのタクシーに「4000ウォンバットを払い」という一節でした。
ちょっと、自分が悲しくなりました。

あと、MMPPが「財団法人」というのもオドロキです。

これは続けてください。「サグラダファミリア」でもかまいません。


で、蛇井隊員は、ホッケと金剛力士像を持ったままで逃げ出したんでしょうか、気になります・・・。

lime様へ

ありがとうございます! limeさんにお褒めの言葉をいただいて
自信がもてました。
では継続というカタチを取らせていただきます。

このペースで行けば完結は早くて25年後くらいだと思います。
まだ≪序章≫ですしd(≧▽≦*d)

秋沙様へ

秋沙さんに最初から読んでいただけるという事で僕も
改めて1話から読んでみましたが、あまりのバカバカしさに
少し笑ってしまいました。
目を通していただいて感謝感激ですm(_ _)m

妹道世界大会のラストは感動的でしたね。
少々昔の小説ですので今のオーストラリアの通貨はウォンバットから
ポッサムに変わっているようです。

この二日間、ふとした瞬間に、「古流妹道」のあちこちの一節が頭に浮かんで、一人思い出し笑いをしてしまうという、不気味な中年女になってしまいました。
どうしてくれるんですか。

秋沙様へ

返信遅れましてすみません。
気に入って頂けたようでなによりです!!
自分で言うのもなんですが僕は博士がハードコア青年に
どつき回されるところが好きなんです。
『あぁ…、ヤバイなぁ…』て(^-^;)
いかにもありそうな事故ですよね。

ではご期待に応える意味で今年中にあと2話は書けるように
努力します!

そら、「姉ちゃんのコーミャクもワシがフロンティアしたろか~?」なんて、彼氏の前で言っちゃったらドツキマワサれますわな(^^;
私もあのシーンはハラハラどきどきいたしました。

私はペンペンくんの哀愁を帯びた姿が好きです。
身体の92%がペンギンということですが、残り8%はいったいどの部分なのかが気になるところです。

それにしても、「妹道」の宏美は見事でしたね。
なるほど、夏服セーラーのままでベッドでうつぶせになり、足をL字に曲げて「別冊マーガレット」・・・。
そして、「お兄ちゃんと待ち合わせ」も卓越していますね!!(ё_ё)
やはり、あれは日本人にしか表現し得ないものですね。
蛍光色のビキニをつけた巨乳の姉ちゃんが棒に絡み付いて踊るのを「セクシー」とする国民には絶対に無理です。
参考にしたいと思います(なんの?)

秋沙様へ

僕の友人が昔ライブハウスで博士と似たような事故をやらかした
事があります。
ドツキ回されはしませんでしたが、ああいった場所では注意が
必要ですね。
可愛らしいルックスとは裏腹にコワモテの彼氏がいる、なんて事は
よくあります。

そして宏美はLOUD好き、コレです。
ここはとても重要なポイントです。 ネガティヴ系のラウドではなく
メロコア、パンクあたりが好きなはずです。
テレビも観ないので芸能人の名前もほとんど知りません。
ココも重要ですね。

実はあの『世界大会編』は書き上げるのに丸一日かかったんですよ(≧▽≦)
書いている最中は『…一体何やってんねんやろ…』と思ったものですが
時を経て秋沙さんに気に入って頂けてとても感激です!!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。