スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

…。

放映されて随分と経ちますが、今年初めてNHKの大河ドラマを観ました。

観た、と申しましても観ようと思って鑑賞したわけではありません、毎週日曜日に見舞われる

慢性的な持病(二日酔い)によりベッドで寝込んでおりました際、つけっ放しのTVに映る映像を

ただ眺めていたという感じです。

鑑賞後の特別な感想はありません。 ただ近頃のNHK大河は各方面から何かと突っ込まれる事が

多いですね。

昔の大河はクレームをつける事なぞ許されない1ランク上的な独特の雰囲気があった

ように思うのですが、それだけ視聴者の目が肥えてきたという事でしょうか。







その大河ドラマを観ていて思い出した事があります。

九州にある母の郷里へ家族揃って車で向かっていた時の出来事です。

親父の田舎である北陸方面へはよく出向いていたのですが、家族揃って西方向へ車で向かうのは

その日が初めてでした。

何という名称なのか存じませんが、車窓には海辺に突き刺さったカキの養殖に用いる柵、という

むりやり広島県な風景に家族の会話も盛り上がろうというモノです。

そして車は山口県、自然と会話もそうなります。  この時僕の姉がとんでもない発言をしたのです。

『あれ?平と源ってどっちが滅んだんやったっけ??』

姉は日本史専攻の短大卒です。

『あれ?じゃねぇッての!!』

大阪生まれで大阪育ちの僕が標準語で突っ込んでしまう程の姉の蛮言。

まるで「鳥人間コンテスト」に出場した航空力学を学んでいる学生達が作った

飛行機が滑走路を離れると同時に空中分解してしまった如き姉の暴言、後部座席に座っていた

父母は黙っておりましたが、その心中いかばかりかというヤツです。

『花嫁道具の1つに…』と、けして経済的に裕福ではない家庭にも関わらず姉を大学に

通わせたオトン&オカンの労苦はこの瞬間、まさに壇ノ浦の水泡に帰した訳でございます。 

合掌。

その後、姉は長々と言い訳をしておりましたが、どこをどう補えばリカバー出来ると思ったの

でしょうか。

費やした学費全てでベビースターラーメンを買った方がはるかに有意義だったと思わせてしまった

姉の暴言は決して許される事ではありません。

一生をかけて償うべきだと僕は思います。





ちなみにその花嫁道具は義兄(※映画「震える舌」を以下略)の親戚から、とある会話の

流れで、『へぇ~、○○ちゃん、短大出てたんやぁ』の一言で終わったそうです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【…。】

放映されて随分と経ちますが、今年初めてNHKの大河ドラマを観ました。観た、と申しましても観ようと思って

コメントの投稿

非公開コメント

いやあ、さすがです。
さすが、蛇井さんのお姉さまです。
堪能させていただきました。

あの衝撃的なセリフのあとには、きっと、
「姉は昔から日本史は苦手で、専攻しておらず」・・・と、続くのだとばかり。

破壊力ありますね。
でも、素敵ですお姉さま。
そして旦那様が、あの震える舌のお方だとは。
笑いの神様が、きっと見守ってくださるはずです。

でも、私も、なにをかくそう、日本史、世界史は中学1年生レベルでしょう。
最近、娘のために、「漫画日本史」を朝日新聞社から取り寄せて、
「へーー、そうだったのか!」と今さらながらいろいろ驚いています。

lime様へ

いや、あの時は本当に驚きました。
かろうじて僕は突っ込む事が出来ましたが、父母はあまりの
衝撃に声が出なかったのだと思います。
『どうか聞き違いであってほしい…』こう願った事でしょうね。
あまりに不憫です。

と、言いつつ僕も歴史の知識はかなり低いです。
特に日本史上で有名な方は≪改名≫されている方も多いですしね。
『あの人とこの人は同一人物』 (ええ!?そうなん!?)
以前にも申しましたが、僕は≪驚き≫は心の中でとめておくクール・ビューティー
なのです。

今回の大河ドラマは~  
視聴率上げるために 濡れ場を増やしたことが仇となった・・んだそうですよ?ww
しくったw私は その前に見なくなっちゃってましたが(;^_^A

ぷぷぷw それ 専攻されたお姉様一流♪なのかもよん?
そ 日本史は 『信用できない』を学ばれたんです(⌒^⌒)b 
だって今は 大化の改新は 645ではないし 鎌倉幕府だって1192 じゃないんだもん
そう♪ 下手に爪出すと 今時の クソガキお子様に 地団太踏まされちゃうのです (T-T)

maso♪様へ

最近はミュージシャンや芸人さんを出演させて安易に
作品の光量を上げようとしていますね。
こんな事を繰り返していては実力のある若手の役者さん
のチャンスが無くなってしまいます。
見た目ではなく質で勝負してほしいものです。

あら、鎌倉の1192は誤りだったのですか?
まぁ昔の事ですしね、多少の誤差はありそうです。
もしかしたら実在しなかった人物とかいるかもですよ。
戦国時代の≪電波≫な奴が妄想で書いた合戦とか(≧▽≦)

平清盛、ごらんになりましたか~。
賛否両論な大河ですよね(笑)多々突っ込みどころはあれど、結構楽しんで毎週見てしまっております。
お姉さまはきっと、源平合戦を極めてしまわれたのかと思います。
中国の弓の名人は、弓道を極めたあげく「弓」そのものの存在を忘れてしまったといいますから、
きっとお姉さまも源平を極めたあげく勝敗の行く末そのものを忘れてしまわれたに違いありません。
平清盛の人気がないのは、どうも感情移入しにくいキャラクターにあるのかしら…なんて思ったりいたします。ビジュアルが小汚いのは、汚マニアにはけっこう受けているような…(ささめも汚マニアの一員です)

ささめ様へ 

遅れまして申し訳ありません。
なるほど、姉は源平を極めたあまりにあのような爆弾発言を…
『お前アイツのこと好きなんやろ』と図星をつかれて思わず否定して
しまうのと同じですね。 違いますね。
いやいや!大学まで出ておきながら(しかも専門の日本史)『あれ?』
はアンマリです。

たしかに戦国時代あたりは大河によく取り上げられておりますが
今回の年代あたりは少ないですね。
大河史上最古の時代は何なのでしょうか?
縄文、弥生あたりがあれば面白そうです。
NHKが大きな石のお金をゴロゴロ転がすマジで作ったドラマを
観てみたいです。
プロフィール

蛇井

Author:蛇井
1971年生誕の♂

【尊敬する著名人】
中島みゆき
ヴァンダレイ・シウバ

【愛用ギター】
Ibanez RG7EXFX2 chair仕様

※リンクフリーです。
バナーが必要な方はカテゴリの置き場
よりお持ち帰り下さい。


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。